ニキビ,ホルモンバランス

それはたった1本の極上エッセンスから始まった

MENU

きっかけはホルモンのアンバランスによる異常角化。

ニキビに悩まされる年頃といえば、青年期です。

 

十代の半ばから後半まで、娘からアダルトにさしかかるこの頃合は、一生のうちでもいちばんホルモンのバランスが不安定な頃合です。

 

ニキビは、表皮の角質が増殖して厚くなりそれが毛穴を狭くしておこります。

 

皮膚のターンオーバーがうまく行われず、角質が厚くなる事を異常角化といいますが、異常角化をおこすいちばんのきっかけは性ホルモンのアンバランスです。

 

性ホルモンにはアンドロゲン(テストステロン)に代表される男性ホルモンと、エストロゲン、プロゲステロンといった女子ホルモンがあります。

 

それらが微妙なバランスを保ちながら、生体の性能を維持していますが青年期になるとアンドロゲンの分泌量が多くなり、女子ホルモンにそれに対し優位になります。

 

そんな訳で角質の異常増殖がおこり、毛穴をせばめてしまうのです。

 

ホルモンのバランスが崩れるのは、青年期だけではないのです。

 

女は生理の前後になるとホルモンのバランスが大きく移り変わりします。

 

このポイントも楽天Amazonでベルリアンを買うと対策しやすいニキビのできやすいタイミングですから、配慮しなければなりません。

 

実のところに生理の周期でニキビをくり返す人も、少なくないのです。

 

加えて生理前後にできたニキビがきっかけで、ニキビとのつきあいが始まってしまう人もいます。

 

なぜアンドロゲンが優位になると異常角化がおきるのか、明確な事はわかっていません。

 

ただ、青年期の男女を比べると、重症型のニキビは圧倒的に男性に多く見られます。

 

治りにくいニキビのある1十代三十代の女子の血中アンドロゲンの濃度を調べるとたしかにアンドロゲンが高いというデータも出ていますが最先端データでは、むしろニキビのない人のほうがアンドロゲンの一つであるテストステロンが高かったというデータも出ており、まだまだ不明な事が多々あるのが現況です。

 

加えて男性ホルモンは、皮脂の分泌にもかかわっています。

 

テストステロンは、皮脂腺で5a-リダクターゼという還元酵素によってデヒドロテストステロンに移ろいます。

 

このデヒドロテストステロンが脂腺を刺激して皮脂の分泌を盛んにするのです。

 

旧来は男性ホルモンのテストステロンが皮脂の分泌を促すといわれていました。

 

が、実のところはそうではなく、5aリダクターゼの量が多くて皮脂の分泌が盛んになるのです。

 

蛇足ですが5αーリダクターゼはハゲや多毛症にも結びつきしておりこの酵素が多々ある人ほどハゲや多毛症になりやすいといわれています。

 

つまりニキビのできやすい人は、ハゲや多毛の危うい因子ももっているという事です。

 

いずれにしてもニキビの可能なきっかけに、男性ホルモンアンドロゲンがどこかに関与をしているようです。

 

女子も少量ですが、副腎や卵巣から男性ホルモンが分泌されますから、けっして女男性ホルモ性だからニキビができにくいという事はないのです。

 

大事なのは、男性ホルモンと女ホルモンのバランスです。

 

女子でも何かをきっかけに女子ホルモンの分泌が少なくなれば、ニキビができやすく女ホルモンなります。

 

青年期だけでなく、三十代や四十代でもニキビが可能なのは、そうしたホルモンのアンバランスが体内でおきているからです。