母の敏感肌が1ヶ月でドラマチックな改善

それはたった1本の極上エッセンスから始まった

MENU

母の敏感肌が1ヶ月でドラマチックな改善

最初にこのエッセンスの凄さを実感したのは、うちの母でした。

 

実は、私がニキビに悩む一方で、母も肌の悩みを抱えていました。

 

母はもともと色白できめの細かいきれいな肌をしていたのですが、ある日突然、すごい敏感肌になり、肌荒れに悩まされるようになってしまったんです。

 

ちょっとしたことでかぶれたり、風に吹かれただけでも、もう顔が真っ赤になる位、ひどい症状でした。

 

年齢的にちょうど更年期障害の始まるころで、ホルモンバランスが乱れていたせいではないかと思われます。

 

さらには当時、母は子育てが一段落したと言うことで、ゴルフに目覚めてしまったんですね。

 

もう3日とあけずコースに出ていたので、真っ黒に日焼けをして、案の定シミやシワがどんどん出てきてしまったんです。

 

だから当時の母の必需品はステロイド剤入りの軟膏。

 

本来はアトピー性皮膚炎やかぶれの時などに使う塗り薬です。

 

このお薬は、たまのかぶれに塗るには問題はありませんが、常用は要注意です。

 

しかし、母はこれを毎晩、お化粧品がわりに使っていたのです。

 

塗ると肌がツルツルしてとてもきれいになるのですが、止めると途端にかぶれが出てしまいます。

 

だからやめられないんです。

 

しかも常用していくうちに、肌がそのものが痛み、細胞が破壊されていってしまいます。

 

麻薬ではありませんが、母はまさにこの悪循環にハマっていました。

 

さらにその上に日焼けをするものですから、もう真っ黒と言うより、「どす黒い顔」をしていました。

 

普通の日焼けとは訳が違うと言う、もう昔のもち肌はどこ行っちゃったのかしらと言う感じでした。

 

だから母はゴルフの後、お友達とみんなでお風呂に入る時も、素肌が汚いからといって、絶対に顔笑わず、お化粧落としませんでした。

 

お友達の間では「素顔を見せない人」で有名だったようです。

 

しかしその母が、父の作ってくれたエッセンスを使い始めて、物の1ヵ月で、ものすごくきれいな肌になってきたのです。

 

ステロイドの軟膏はいきなりは止められなかったのですが、最初は1日おき、さらに良くなってきてからは、2日おき、3日おきにしていて、だんだん使わないようになりました。

 

1ヶ月という短期間できれいになれたのは、母がもともときれいな肌の持ち主であったことが理由だと思います。

 

やはり元の肌質が良い人は、美肌効果が出るのが早いんですね。

 

逆に間違った化粧品やお薬を長年使い、肌が変質している人は、美肌効果が出るまでに時間がかかります。

 

それまで「姿を絶対に見せない人」だったはずの母が、ゴルフの後にも堂々と顔笑うようになって、しかも肌がとってもきれいになっていると言うことで、お友達もびっくり。

 

「どうしたの、きれいになって」「何か始めたの?」としきりに聞かれたそうです。

 

母が「主人の作ってきた美容エッセンスを使ってるだけなんだけど」と言うと、私もそれ、使いたいから紹介して」「私も分けて」ということで、お友達にも口コミで広がっていきました。

 

さぁ、これほど素晴らしい美容エッセンスなのですから、私も即座に使い始めて、たちまちニキビがきれいになりました、と言いたいところなのですが、残念ながらそうは行きませんでした。